[En]ステマ抜きで2014年に買ってよかったデジもの+α #2014buy

slooProImg_20141225000330.jpg


今回はブロガー連動企画で、私エンディが2014年に買ってよかったデジもの+αをご紹介します。

ステマ抜きで本当におすすめ(特に最後)ですので、興味のある方はチェックしてみてください。

工事中のブログのため、読みづらいかもしれません、申し訳ありません。

2014年に買ってよかったデジもの+α一覧

2014年に買ってよかったデジもの+αはこちらです。

RICOH THETA

RICOH THETA 1
まずはこちら、360°の全天球写真が撮影できるRICOH THETAです。実勢価格は35,000円程度(定価44,800円)です。

RICOH THETA 2
最近では後継機種、THETA m15が登場し、動画撮影に対応(無いよりはまし程度ですが・・・)するようになり、全天球カメラというジャンルもじわじわ広まりつつあります。

普通の写真と違って空間そのものを残すことができますので、旅行やお出かけ、飲み会での乾杯シーンなどなど、何を撮っても画になりますし新鮮です。

江の島 キャンドルタワーから撮ると・・・

江ノ島展望台より – Spherical Image – RICOH THETA

同期との乾杯シーンで撮ると・・・

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

普通の写真の何倍も楽しい思い出として残せますのでかなりおすすめです。

RICOH GR

RICOH GR 1
RICOHの高級コンパクトデジタルカメラ、RICOH GRです。実勢価格は55,000円程度(定価99,000円)です。小さいボディにAPS-Cサイズの撮像素子を搭載した、一眼レフレベルの写真が撮れるカメラです。

RICOH GR 2

ブログでも改めて紹介する予定ですが、コンパクトデジタルカメラでこのレベルの写真を撮るにはRICOH GRがベストだと思います。

RICOH GR サンプル 1 RICOH GR サンプル 2

TOSHIBA FlashAir 32GB(海外リテール品)

FlashAir 32GB
こちらはWi-Fi搭載のSDカード、TOSHIBA FlashAirの海外リテール品です。2014年12月現在、実勢価格は3,000円程度(国内価格8,000円前後)です。
先ほど紹介したRICOH GRで使うために購入しました。

RICOH GRで撮影したハイクオリティの写真をすぐにスマートフォンに取りこみ、その場でブログを書いたり、友人とシェアしたりすることができますので、とても便利です。

Amazonで購入できる海外リテール品は、輸出モデルのため英語パッケージとなっていますが、国内品と比べて半額以下で購入できますので、迷わず海外リテール品を選ぶことをおすすめします。

似たような機能を持ったEye-Fiカードがありますが、Eye-Fi連動機能に対応したカメラでないと撮影した写真がすべて転送されてくる仕様のため、好きな写真を選んでスマホに取り込みたい用途の場合は、FlashAirをご検討ください。

Canon EOS 70D

Canon EOS 70D 1
キヤノンのミドルクラスの一眼レフカメラ、EOS 70Dです。2014年12月現在、実勢価格はボディ単体で110,000円程度(定価150,000円程度)です。

僕のソースコードが生きているカメラなの…です。
Canon EOS 70D 2

RICOH GRを購入したため、持ち歩く機会は減りましたが、ガチな写真を撮りたい場合、またズームの必要がある場合はこちらを使っています。

子どもの運動会など、素早く動く被写体に素早くピントを合わせるための仕組みとしてデュアルピクセル・CMOS AFという機能が搭載されました。画面をみて撮影するライブビュー中の撮影・動画撮影が強いです。

一眼レフの購入を検討されている方、静止画も動画も撮る可能性がある方は、このEOS 70Dのダブルズームキットか、18-135mmのSTMレンズキットをおすすめします。

次のページへ続く・・・